ロングドレス購入時は必ず試着

カテゴリ

カレンダー

2018年10月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

自分に合ったロングドレス

落ち着いたロングドレスは、大人の女性の魅力をいっそう引き立ててくれます。また、足首まで隠れたロングドレスはおしりや太もも、ふくらはぎにコンプレックスがある人にもおすすめです。体型をうまくカバーして、ボディーラインを美しく見せてくれます。
ロングドレスは動きにくいデザインを避け、動きやすさに重点を置きましょう。タイトなラインならスリットが入っているデザインがおすすめです。
ドレスは自分の肌に合わせて選ぶことも大切です。赤みをカバーしたい人は、ブルーやパープルをセレクトしましょう。赤みをカバーして引き締めた印象に見せてくれます。青み肌の人がブルーやパープルを着用すると顔色が悪く見えてしまうこともあります。顔色が明るく見えるピンクやレッドをチョイスすると良いでしょう。小麦色に焼けた肌はイエローやオレンジなどポップなカラーが映えます。ブラックを着用すると、全体的に立体感がなくのっぺりとした感じになってしまうのでなるべく避けましょう。
ロングドレスで脚が見えないからといってお手入れを怠るのは良くありません。ロングドレスでもふとした瞬間に脚がチラ見えすることもあるので、毛と肌のお手入れをしておきましょう。

ロングドレス選びで失敗しないために

パーティーや特別なデート等で女性の優雅さ引き立ててくれるロングドレは多くの女性にとって普段着ではなく特別な装いですよね。
だからこそ、選ぶときにも注意が必要です。
今回はそんなロングドレスの選び方のポイントを紹介します。

【自分の身長に合ったものを】
ロングドレスを美しく見せるには自分の身長に合ったものを選ぶことが大切です。
丈が長すぎたり逆に短すぎるとせっかく美しいデザインも台無しに。
購入前は必ず試着をしてドレスと身長が合っているか、鏡で全身を映してバランスをチェックするようにしましょう。

【自分の体形に合ったものを】
ロングドレスを選ぶときには自分の体形も考慮する必要があります。
太っている人が少しでも細く見えるようにとタイトなデザインを選ぶと残念ながら却って太って見えてしまいます。
その場合は少しゆったりとしたデザインのものを選ぶと良いでしょう。

【TPOに合ったものを】
一言にロングドレスと言っても様々なデザインがありますが、TPOに選んだドレス選びをするのも大切です。
結婚式のパーティーなどにはカラフルで華やかなデザインのものがお勧めです。
またデートなどでいつもと違った雰囲気を出したい場合にはシックで少し肌の露出があるデザインのものを選ぶのも良いかもしれません。

以上ロングドレスを選ぶときのポイントを紹介しましたが、いかがでしたか?
ロングドレスを購入するときの参考になれば嬉しいです。

注目記事

最新記事一覧

2017年10月16日
エレガントなロングドレスを更新しました。
2017年10月16日
ロングドレスはレンタルも可を更新しました。
2017年10月16日
忙しい合間でもロングドレスが買えるネットショップを更新しました。
2017年10月16日
ロングドレスはムダ毛処理を欠かさずにを更新しました。